「ほっ」と。キャンペーン

湘南の夢

以前、DJとしてお世話になった湘南ビーチFMのインターネット放送に久しぶりにアクセスしてみた。あ~懐かしい!あれから知らぬ間に8~9年の月日が過ぎ去っている。

DJ indexをみてるみと、これまた懐かしの顔ぶれが。開局から看板娘として活躍しているYさん(相変わらず麗しい~)、音楽のデーターベースのようなH氏、私の番組を引き継いで下さったY氏など。。。K社長も相変わらずお元気そうで何よりです。

すると、一通のメールが届いた。しかもそれは、湘南ビーチFMのジングルを制作してるTommyから!!!なんという偶然!こんなことってあるんですね~。不思議だな~、湘南ビーチFMをキーワードにシンクロした。虫の知らせだったのかしら。それにしてもなんという偶然!

フランス在住Tommyは、なにやら年末にMotion blue Yokohamaでコンサートを開催するために日本に滞在している様子。トミー・スナイダー・ウィズ・フレンズ・フィーチャリング・チャー、ミッキー吉野、日野賢二、西脇辰弥、竹越かずゆき & スペシャルゲスト・シャンティ。4回のショーが全て売れ切れというからすごいね♪。そういえば、紅白歌合戦やザ・ベストテンにもでていたミュージシャンだもんね~。プライベートで仲良くしてもらっているから、すっかり彼の偉業を忘れてしまうけど。あ~Tommyの素敵なコンサート行けなくて残念。また次回ね!

f0022388_4442916.jpg

Tommyは湘南大好き人間で、逗子に隠れ住み家がある。彼の家に遊びに行ったことがあるが、窓から見える海辺の景色は最高!それこそ視界を遮るものは何一つなく、ドラマティックなサンセットが目の前で展開されるのだ。 そのサンセットを背景にミュージシャンであるTommyが素敵な演奏と歌声を披露してくれたあのシーンが今でもくっきり胸に焼きついている。確か下に住んでいる住人のバルコニーにはジャグジーがあって、ちょうど楽しそうなパーティーが行われていた。海を見ながらプライベートジャグジーなんて憧れのライフスタイルですよね~。

Tommyとメールでやりとりしたせいか、昨晩はめずらしく湘南の夢をみた。JJ monks、ラマーレドチャヤ、ボディボー、陶芸のクラス、海辺でのBBQ、夜の湘南ドライブなど、懐かしのシーンがまるで思い出メロディーのように次々と登場した。今朝目が覚めた時はなんだか夢というか過去に迷い込んでしまったようなそんな不思議な気持ちになった。

よく考えてみると、シアトルの生活は東京より、鎌倉での生活に似ている。海、山、観光スポットあり、美味しいシーフード、そして素朴でありながら洗練された人々の暮らし、時の流れなど。生まれも育ちも東京の私にとって、当初刺激のない街と思っていたが、噛めば噛むほど深い味わいがでてくるような街の魅力を堪能できるようになった自分も少しは大人になった気がします(*^_^*)。
[PR]

# by matsumiseattle | 2005-12-18 04:50 | フレンズ  

ブログの再スタート

ご無沙汰してます。

気がつけばプライベートブログを4ヶ月もアップデートしてませんでした。

日本にいる友人から熱いカンバックコールをいくつももらったので(Thank you)、改めてアドレスを変更し再スタートすることにしました。シアトル・ブログは随時更新しているので、時間がある時にでも遊びに来てくださいね。

シアトルに引越し、早9ヶ月がたとうとしています。最近、ようやくこちらでの新しい生活に慣れてきたような実感が沸くようになりました。車の免許をとって、やっとアメリカの車生活にも慣れてきたことが大きな要因の一つかな~。近場のカフェ、レストラン、スーパーにも一人で行けるようになったし♪新車も買ったし♪最近は、CDをたくさん車に積んで、お気に入りの音楽に包まれながら、快適なドライブを楽しんでいます。

冬のシアトルの空はどんよりした厚い雲に覆いかぶされ、なかなか太陽が顔を見せてくれない日が多いけれども、太陽がひょっこり顔を出した日には、何度みても感動するような景色に出会えるのが魅力的!

私の住んでいるマグノリアの丘の上では、左手にオリンピック山脈、左手にキャスケード山脈、そして正面にはピュージェット湾、マウントレーニア、そしてシアトルのダウンタウンが一望でき、特にピンク色に染まった夕暮れ時のサンセット・パノラマビューは息を呑む美しさです。そんな景色を見れた日には、シアトルに住んでいてよかった!と思ったりしちゃいます。
f0022388_5124254.jpg

寒くて、グレーの日が数週間続くと、気分までブルーになってくるから不思議。こんな時は、遠く離れた家族や友達がとっても恋しくなってしまうのです。大好きな家族と友人をそのままワンセットにして、みんなでシアトルに住めたらもっともっとこの街が好きになれるのに~、なんてわがままなことをまだよく考えています(苦笑)。異国に住んでいれば、ホームシックはつきもの。それでも、恋しく思える大切な人がいるってことはとても幸せなことだと思います。みんなは私の心の宝物だよ~。

今年は、日本から4人もお友達がシアトルに来てくれたので、それだけでも感謝感謝です。

I miss you all. Please visit us in 2006!!!!!
[PR]

# by matsumiseattle | 2005-12-17 16:19