「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

そば粉ガレット/ そして1周年記念日

今日は記念日なので、朝からはりきってブレックファーストを作りました。何を作ろうか考えていたら、みょうに「そば粉のガレット」が食べたくなったので、前日から簡単な仕込みをして意気込んでいました。

f0022388_1548927.jpg<材料>(約5枚分)
 水175cc/卵(Mサイズ)1/2個/そば粉75g/小麦粉15g/塩1g/オリーブ油、バター、ハム、グリュイエールチーズ各適量

<作り方>
分量の水、そば粉、小麦粉、塩をボウルに入れ、手で混ぜ合わせる。全体がなじんだら卵を加え、生地に空気を入れるように手を動かして、さらに混ぜる。粘りが出て滑らかになったら、ボウルにラップを軽くかけ、冷蔵庫で一晩ねかせる。
 

ねかせた生地をすくうと、とろ~りと太く糸を引くような状態になります。




f0022388_1672384.jpg

フィリングは、シンプルにハム、チーズ、卵。


ここまではよかったのですが。。。


でも。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。





f0022388_1553759.jpg失敗しちゃったのでした。。。。。。薄~い、薄~いガレットにしたかったのに、なんだかちっともきれいに生地が広がってくれず、不恰好なガレットに。。。が~ん。せっかくお気に入りのガレット店のレシピをみつけて喜んでいたのに。。。しかもレシピには5枚分と書いてありましたが、2枚半しかできず。。。。。こんな日もありますよね(苦笑)。



         さてさて、肝心の記念日のことですが、何の記念日かというと。


     1周年なので結婚記念日ではないですよ~。I wish. 新婚生活が懐かしいは(*^・^*)


       今日は、なんと私たちがアメリカ生活をスタートした記念すべき日なのでした。

       ミッシェルも飛行機に乗って、遠くはるばるアメリカへやってきました。緑と水に
       恵まれているシアトル・ライフを一番満喫しているのは間違いなくミッシェルです。

f0022388_16141172.jpg


にほんブログ村 料理ブログへ  ←参加中です♪応援してくれたら嬉しいです!

続きを読む、
[PR]

by matsumiseattle | 2006-03-29 23:45 | シアトル  

話題のレストラン「ゾイ」

f0022388_1831452.jpg
昨日、日本から兄貴分のT氏とカリフォルニア在住のK氏がシアトルへ出張でやってきたので、夫婦共々夕食時に合流しました♪

場所は、以前からずっと行きたいと思っていたレストラン・ゾイ。お洒落なレストランが並んでいるベルタウンの一角にあります。


f0022388_1841237.jpg店名は、オーナーシェフの娘さんの名前。レストランのリースにサインしたその日にゾイちゃんが生まれたとか。*→写真はシアトルタイムから拝借。

このレストランは、昨年のシアトル・マガジンでもトップ10にランキングし、ザガットではニューアメリカン料理としてトップ5に君臨した実力派レストランです。地元でとれた季節の食材をメインに作るお料理は、フレンチをベースにされ、噂通り文句なしでした。

高い天井とスタイリッシュな店内は、お洒落雰囲気を醸し出していました。内装は、建築家であるオーナーシェフの奥さんのデザイン。店名&内装といい、まさにファミリーの思いがたっぷりこもった素敵なレストランでした。日曜日の夜だというのに超満員。3月末まで開催されている食のイベントにも参加しているせいでしょうか?!レストラン内に隣接しているバーも満席といった繁盛ぶりでした。

f0022388_18101189.jpg

今回頂いたメインメニューは、まず右から。白身のお魚ティラピア(日本名が不明、どなたかご存知でしたら教えてください)とイスラエルクスクス、ポーク・テンダリオンとカレー味のオーツ&ほうれん草のソテー、ワイン漬けの洋ナシのスライスがたっぷりのったゴルゴンゾーラのリゾット。どれも口の中にいれると新鮮な驚きのある創作料理でした。イスラエルの大粒クスクス、初めて食べましたが、タピオカみたいな食感でとっても美味しかったです。

f0022388_18111956.jpgデザートはバターミルクのパンナコッタ。アメリカのデザートとしてはめずらしいくらい上品な甘さにちょっとびっくりでした。

愉快な仲間と美味しい食事、今宵も幸せタイムでした。このレストランは、今のところ私のお気に入りレストランin Seattle, Top5に入ります♪料理の美味しさはもちろん、店員さんはみなフレンドリーで、なんといっても洗練されたお洒落な空間です!

にほんブログ村 料理ブログへ  ←参加中です♪応援してくれたら嬉しいです!
[PR]

by matsumiseattle | 2006-03-27 23:59 | シアトル  

ベジタリアン・バーガー

今日は、体にやさしいベジタリアン・バーガーを紹介しますね。先日、食通のお友達にベジタリアン・レストランへ連れて行ってもらい、そこで食べたバーガーが忘れられなかったので、思いきってお家で再現してみることにしました。
f0022388_15235123.jpg

一見何も変わらない普通のジャンキーバーガーに見えますが、実はとってもヘルシーなバーガーなのです。きっと多くの方はベジタリアン・バーガーと聞くと、お豆腐でできたバーガーを想像すると思いますが、今回はナッツ&ブラウンライス&ベジタブルを潰してパテに見立てたナッツバーガーに挑戦してみました♪

今回使用したナッツは、160度のオーブンで10分ほど軽くローストしたカシューナッツとひまわりの種。これらをフードプロセッサーで細かく砕いたものがベースになっています。

オニオン、ニンジンもフードプロセッサーで細かくして、それをオリーブオイルでよく炒めます。さらに炊いた玄米をフードプロセッサーで細かくして、祖熱のとれた野菜類、ナッツを混ぜて、塩、コショウ、醤油で味付けしたものを平たく丸めてパテ状にして、フライパンで焼きました。


f0022388_16183379.jpgオーブンで焼いたホールグレインのパンの上に軽くオリーブオイルを塗り、出来上がったパテをのせ、チェダーチーズ、+キャララメライズしたオニオン+トマト+レタス+スプラウト、お好みでマスタード、ケッチャップを塗って出来上がり。私は、大豆で作られた卵抜きのナヨネーズ(もちろんマヨネーズで代用OKです)を塗ってナッツ・バーガーを頂きました。


せっかくヘルシーなブランチを作ったので、ドリンクもヘルシーに。今回は、ゴマ、バナナ、豆乳のスムージー。

ナッツは、ピーナッツ、アーモンド、ピーカンでも代用出来ます。個人的にはカシューナッツが好きですが。。。お肉でできたバーガーも美味しいですが、こちらのナッツバーガーも香ばしくて想像以上の美味しさです♪何で作ったバーガーかを秘密にしておけば、きっと家族やお友達が驚くこと間違いなしです(笑)。

にほんブログ村 料理ブログへ  ←参加中です♪応援してくれたら嬉しいです!
[PR]

by matsumiseattle | 2006-03-25 15:21 | 休日のブランチ  

日本酒ケーキ/ SAKURA 

f0022388_1637285.jpg

先日、日本からいらっしゃたお客様に、あるお土産を頂きました。箱を開けてみると、石川県にある名門蔵のお酒を使用した、日本酒ケーキでした。



石川県は日本全国でも指折りの銘醸地として知られていますよね。そちらの美味しいお酒をたっぷり使用したケーキなんてどんな味わいなのでしょ~。
f0022388_16385570.jpg

自宅へ戻るやいなや、早速試食タイム(旦那に笑われました)。一口食べると、まるで雪解けのようにふわ~っと広がって溶けていくのにびっくり!。なんてやわらかいのでしょ。こんな食感のスポンジケーキは本当に初めてです。スポンジ部分のしっとりとした舌触りは一度食べると忘れられないぐらいに風味豊かに感じます。

第一印象は、スポンジをしっとり包む大吟醸の華やかな香り。味は穏やかで品のある甘みですが、日本酒が中に入っているなんて知らなければ想像もできないくらいです。2切れ頂いた後は、なんだかちょっといい気分(笑)♪やっぱり日本酒が入っているのを実感。恋の媚薬のような隠れた日本酒パワーだは。このケーキは日本酒の旨みが凝縮されていて、私にとっては新しいタイプの和洋折衷ケーキでした。

この日本酒ケーキ、お酒と同じように冷蔵庫の中で、保存、熟成させることが出来るのです。長く保存していると香りがより豊かになり、ちょっとオススメの食べ方だとか。残ったケーキを包装にくるんで保存しておきました。数日後、その風味の違いを実感できたらいいな♪楽しみだは☆

そうそう、東京都心でも桜(ソメイヨシノ)が開花されたと発表されましたね! しかも、昨年より10日も早く咲きはじめたみたいで。

f0022388_17362146.jpg
今日アメリカ人のお友達が、「ある場所」へ連れて行ってくれました。なかなか行き先を教えてもらえず、たどり着いた場所は桜が見事に咲いているガーデンでした。

桜の季節に日本へ戻りたかった儚い希望を実現できず、内心悲しんでいた私の気持ちを察してくれていたようです。友人の温かいおもいやりが、なんだかとっても胸にしみました。シアトルに引っ越してそろそろ一年。こんな素敵なお友達に恵まれて嬉しいです。Thank you!

お友達といえば、先日シアトルに住んでいる方々6名と毎年恒例「食のイベント、“DINE AROUND SEATTLE”」へ行ってきました。新しいお友達も増えて、とっても嬉しいです。皆さん、末永く宜しくお願いします。これから美味しい物を食べに行く機会が増えそうな予感です♪

f0022388_1736527.jpg


にほんブログ村 料理ブログへ  ←参加中です♪応援してくれたら嬉しいです!
[PR]

by matsumiseattle | 2006-03-21 23:34 | 料理一般  

アイルランドの食卓/ 懐かしい友との再会

昨日は、アイルランドでは最大の祝祭日、セントパトリックス・ディということで、アイルランドにちなんだお料理を作ってみました。まずは、ボリュームたっぷりのブランチ。
f0022388_15302058.jpg

ヨーロッパではパンにジャム、コーヒーか紅茶、フルーツジュースといったコンチネンタル・ブレックファーストが主流ですが、アイルランドでは、朝食といえばフル・アイリッシュ・ブレックファーストです。朝からこんなに食べるの?!と疑いたくなるような品数。

f0022388_15502655.jpg第一コースは、フルーツジュース、シリアル、そしてスコーンやブラウン・ブレッド。メインは、ベーコン、ソーセージ、グリルトマト、卵料理、ブラック・プディン&ホワイト・プディン、トーストにコーヒーまたは紅茶。まるで夕食のようなボリュームですよね。

アイルランド系アメリカ人の友人に、本場アイルランドの家庭では、こんなボリュームの朝食を毎日食べているの?と質問してみたら、答えはNOでした(そうですよね~)。週に一度の日曜の朝だけ豪華な食卓になるそうです。日曜はクリスチャンにとって聖なる日なので、教会にいく前に特別な朝食を家族とゆっくり食べるのが慣わしのようです。その日の夜は、シンプルなアイリッシュ・サラダだけで済ませるそうです。

f0022388_1642029.jpg本日のディナーは、アイルランドの代表的家庭料理アイリッシュ・シチューとブラウン・ブレットを作りました。

アイリッシュ・シチューは、ラム肉、じゃがいも、玉ねぎ、パセリ、塩、水を容器にいれて、オーブンに入れ焼くだけの簡単料理。ラム肉の匂いが苦手なので、我家では牛シチュー用肉で代用して作りました。

f0022388_16124879.jpg味付けは塩だけととてもシンプルなシチューなので、美味しさの秘密はなんといっても素材選び。オーガニックの新鮮なお野菜とお肉で作ることをオススメします。

残ったシチューに、赤ワイン、トマトペーストを入れると、翌日違ったバリエーションのシチューを楽しめます♪

f0022388_16113795.jpg全粒粉、小麦粉、ベーキングソーダー、塩、そしてバターミルク(発酵ミルク、味はヨーグルトのよう)を混ぜ、平たな丸型にまとめて、焼くだけという発酵いらずの簡単なパンです。

このブラウン・ブレッドは、必ずといっていいほど中央に切り込みを入れるのが特徴。カトリックのアイルランド人だから、十字架の切り込みをパンに入れるのです。パリっと焼けたブラウン・ブレッドの中は、しっとりしてます。

にほんブログ村 料理ブログへ  ←参加中です♪応援してくれたら嬉しいです!

続きを読む、
[PR]

by matsumiseattle | 2006-03-18 20:27 | 休日のブランチ  

ズッキーニ・パンケーキ(Zucchini Cake)/

先日の続きです。最近、主人の実家で定番になっているブレックファースト・メニューがあります。それは、ズッキーニ・パンケーキ。
f0022388_14495397.jpg

f0022388_14573819.jpg
摩り下ろしたズッキーニをたっぷり入れたヘルシーな一品です。卵もたっぷり入っているのでふわふわした食感。朝食にぴったりな軽さが気に入り、我家の朝食メニューとしても新登場するようになりました。

お料理嫌いな義理母は、いたってシンプルな作り方。摩り下ろしたズッキーニに小麦粉、卵、塩を混ぜて焼くだけ。それでも十分美味しく頂けます。


f0022388_15689.jpg
私は、ウェディング・プレゼントの一つとして頂いたシアトルの料理本に載っているレシピを使いました。この料理本は、義理姉も含め家族揃って愛読してます。難点は、料理の写真がないので、私はいつも想像力をふくらませ作っています(笑)。



f0022388_1512541.jpg<作り方>ズッキーニ2本、みじん切り玉ねぎ1/2カップ、卵2つ、パルメジャーノチーズ1/3カップ、小麦粉1カップ、そして塩、オレガノをお好みで入れて混ぜ、油をひいたフライパンで両面焼きます。焼きあがったパンケーキの上に、サワークリームとトマトをのせれば出来上がりです。マヨネーズでも美味しいですよ。

にほんブログ村 料理ブログへ  ←参加中です♪応援してくれたら嬉しいです!

続きを読む、
[PR]

by matsumiseattle | 2006-03-16 23:47 | シアトル  

クッキーの手土産(Coconut & Black Sesami cookies)/

義理の母からバロック・コンサートのお誘いを頂き、急遽週末は主人の実家で過ごすことになりました。簡単な手土産にココナツ・クッキーとセサミ・クッキーの2種類を焼きました。
f0022388_13203225.jpg

我家から車で約1時間半ほどにあるフォックス・アイランドを訪れたのは、昨年のクリスマスぶり。同じ州に住んでいるのだから、もう少し頻繁に顔をだせればと思ってはいるものの、現実は忙しくなかなか実現できずじまい。
f0022388_11585957.jpg

f0022388_12165770.jpgそろそろイースターの季節なので、リビングルームにはかわいらしいヒヨコやカラフルな卵、そしてラビットの置物が飾られていました。

そして、部屋のあちらこちらには真っ赤なチューリップをはじめとする生花が飾られており、春の香りが漂っていました。

主人の実家には、アジアの屏風や骨董品をはじめとする置物が置いてあるので、アメリカの中でアジアを感じることのできる家なので、なんだかホッとします。



f0022388_12214490.jpgこの絵画(実は屏風なんですよ!)は、主人の両親が30年以上前に、アンティークショップで購入した物です。桜の木の下で4人のアジア人女性が描かれている物なのですが、義理の母いわく、この絵には大切な人生のキーワードが隠されていたとのことです!

それは、なんと私達の結婚式を意味していたとか。ガーデン・ウェディングを希望していた私たちは、主人の実家で結婚式を挙げました。その時に日本から参加した女性ということで、母、ブライドメードをしてくれた友人2名と私がこの絵の4名のイメージ女性?!、そして実際私達は彼女のガーデンにある桜の木の下で結婚式を挙げたのです。結婚式後、ふとこの絵を眺めていたら、なぜ彼女がこの絵に強く心を惹かれ、30年以上大切にお部屋に飾っていたのかがわかったとのことでした。偶然にしてもとっても素敵なお話なので、私はこの「桜の木の下の女性4人の話」が大好きなのです。

f0022388_12401157.jpgこの漆のお重箱は私の母からの贈り物の一つ。お料理が苦手な義理母はお重箱をお料理に使うことは一度もなく、彼女らしく家のデコレーションとして四季を通じて飾っています。

f0022388_12435114.jpgそして、こちらは、主人が日本に住んでいた頃、お土産としてアンティークショップで購入した物。

f0022388_4131857.jpg

                      遊びに来てね♪


にほんブログ村 料理ブログへ  ←参加中です♪応援してくれたら嬉しいです!

続きを読む、
[PR]

by matsumiseattle | 2006-03-12 11:53 | 愛犬のおやつ&犬日記  

手打ちパスタ&自家製ミートボール・トマトソース煮 (Fresh Pasta & Meat Ball)

美味しい生パスタが食べたくなりました。思いたったら手打ちパスタを作らずにはいられなくなり、埃をかぶっていた箱からパスタマシーンを取り出し、手打ちパスタを作ることに。
f0022388_16313061.jpg


f0022388_16362243.jpg今回はセモリナ粉、卵、オリーブオイル、塩のみを使用したパスタです。強力粉と薄力粉で作る生地よりも捏ねるのに時間と労力がかかりちょっと疲れ気味(笑)。押して、伸ばして、押す。この単純な作業の繰り返しが麺のコシを生むのです。途中足で踏んだり、挫折しそうになったり(苦笑)。出来上がった頃にはお腹がペコペコだったのでちょうどよかったです。

手打ちパスタを茹でて、昨晩作っておいた自家製ミートボール・トマトソースに絡め、パルメザン・チーズをたっぷりかけて頂きました。
f0022388_16572026.jpg


f0022388_1659859.jpg
このミートボールのレシピは、人気テレビ番組Food NetworkのEmeril Liveという番組で視聴者から自慢のレシピが募集され、最終まで残ったフランキーおじさんのご自慢レシピ。毎週、フランキーさんは鍋いっぱいにこのソースを作っているそう。

Emerilがスタジオでこのレシピを再現している時に、まるで我が子の晴れ舞台を眺めるように鍋に入ったミートボールを愛しくみつめていたフランキーおじさんの目がとっても印象的で、私も我家でフリンキーさんのミートボールを再現しなければ!との熱い想いにかられたのでした(笑)。

私も作ってみたい!という方は、英語のレシピになりますがこちらを参考にして下さい。私はこのレシピをもとに、パン粉を生パン粉に変えたり、チーズやガーリックの量を調節して作りました。これは我家の定番メニューに加わる美味しさで幸せ気分です♪


にほんブログ村 料理ブログへ  ←参加中です♪応援してくれたら嬉しいです!
[PR]

by matsumiseattle | 2006-03-08 23:29 | イタリア料理  

まかないブランチ☆ワンプレート・スマイル

昨日、クリスタル・マウンテン・リゾートから戻りました。日曜の午後から家をでて、2時間後にはすでにスキー場に到着。東京に住んでいた頃には信じられないライフスタイル。一番近いスキー場は車で40分ほどです!
f0022388_2541619.jpg

日曜はお出かけの用意でバタバタしていたので、ブランチはまかない料理、というより調味期限が近い食材を使い切って、簡単に済ませようと冷蔵庫を開けると、いろんな物が中途半端に残っていました。あ~困った。ベーコン、クリームチーズ、卵、シーチキンとサーモンフレークの残り、アーティチョークディップ、そして青梗菜の炒め物。これらを使って何を作ろうか迷いながらも出発時間は刻々と迫ってくるので、思いついた創作料理???を次々作り、冷蔵庫をきれいさっぱりに成功!作ったワンプレート料理はこちら:
f0022388_1738423.jpg

手前にみえるのが、美味しいメープル風味のベーコンを使用した一品。たっぷりブラック・ペッパーを振ったベーコンの上にクリームチーズと松の実をのせ、ロールさせてオーブンでグリルするだけ。これは結構美味しいですよ♪

グリルしている最中に、軽く塩、コショウした溶き卵をフライパンに流し、シーチキンとアーティチョークのディップをのせ、こちらもロールしてう巻きを作りました。トッピングに微塵切りしたイタリアン・パセリ。

最後に、残り物の青梗菜、サーモンフレーク、白ゴマをいれて簡単な炒め物。あっという間に3品出来上がったのですが、なんだかチグハグでどうワンプレートに盛り付けたらいいのかわからず、白いお皿をボーっと眺めていたら、あるアイディアが!


にほんブログ村 料理ブログへ  ←参加中です♪応援してくれたら嬉しいです!

続きを読む、
[PR]

by matsumiseattle | 2006-03-05 23:22 | 休日のブランチ  

キャロット&クリームチーズマフィン

最近、いろんな方のブログでマフィンをみかけるので、私も影響を受けてしまいお約束のキャロットケーキをちょっと変身させて、キャロット&クリームチーズマフィンを休日のブランチ用に作りました。
f0022388_5283838.jpg

このマフィン、作りたてはふわふわですが、時間がたつとずっしりしたなめらかな味わいとなります。

f0022388_5443451.jpg残りのマフィンを包み、ショッピングのお供に持参して、小腹か空いた頃車の中で頂きました。口の中でほのかな甘みとやわらかなクリームチーズが溶け合って、思わずフ~と至福の一瞬を車中で感じてしまいました。なんて単純な私。。。

摩り下ろしたニンジンをたっぷり使用していますが、アーモンドパウダーを生地に入れているので、まったくニンジン臭さはなく、これならニンジンが苦手の方でも美味しく食べれるはずです。参考程度に、レシピを公開しますね。

f0022388_526583.jpg


にほんブログ村 料理ブログへ  ←参加中です♪応援してくれたら嬉しいです!

続きを読む、
[PR]

by matsumiseattle | 2006-03-04 12:25 | 休日のブランチ