「ほっ」と。キャンペーン

ベイビーシャワーで祝ってもらいました♪

いよいよ妊婦生活のフィナーレともいえる臨月を迎え、アメリカ人のガールフレンド2名がBaby Shower(ベイビーシャワー)を企画してくれました♪ 
f0022388_1314865.jpg

Baby Shower とは、日本でいう出産の内祝いのようなパーティーですが、欧米では出産前にお祝いする恒例イベントになっています。出産後の慌しい日々を控えているプレママと、これから産まれてくる赤ちゃんに幸せがシャワーのように降るようにと祈りをこめて、友人、家族、同僚がお祝いして開くパーテイーのことです。赤ちゃんのためのプレゼントをみんなでシャワーのように用意して・・・。その他にもShowerという言葉には「始まりを祝う」という意味もあるんですって。




f0022388_83146.jpg

通常、女性だけが集まることの多いBaby Showerですが、私たちのBaby Showerはカップルシャワーにしました。当日、30名を越す友人や家族が集まってくれることに。この日の為に、日本からシアトルへ駆けつけてくれた友人Kさん、そしてアラスカからR夫妻が参加してくれて、感謝の気持ちでいっぱいです。
f0022388_1371944.jpg

Baby Showerの会場となったのは、高級住宅街カークランドにある友人K宅。彼女とは共通のイギリス人の友人を介し知り合い、それ以来夫婦共々とても仲良くしてもらっています。
f0022388_13142418.jpg
なんといっても、彼女の旦那さんはシェフも顔負けなくらい美味しい手料理でもてなしてくれるので、カークランド宅には常連客のようになっている私たち(笑)。

双子のかわいい娘さんもいて、これから産まれてくる私たちの赤ちゃんにとり良いお姉さん的存在になってくれるのではと、今から楽しみにしています。

パーティーのオープニングは、Cさんの素敵なフラダンス、uacarnation(カーネーションの花の歌)ではじまりました♪ カーネーションの花言葉は、「女性の愛」、「純粋な愛情」(赤)、「母の愛」だそうです。ベビーシャワーにはぴったりの幸せな踊りと歌にうっとり。

f0022388_13204966.jpg
ハワイアンの血が混ざっている友人Kにとり、琴線に響く踊りになったようで思わず涙がでそうになったそうです!

続いて、Nさんのかっこいいフラメンコ!バンブーフロアーだったので、フラメンコに必要不可欠な靴なしでも踊ってくれたんです。スペイン在住経験のあるV&K夫妻の胸を焦がした情熱的な踊りでした。思わずうっとりとみとれていたら写真を撮るのを忘れてしましました。。。


芸無しの私にとって、二人の踊りは羨ましい限り。好きなことで人を感動できるって素敵ですよね☆二人が誇らしく思えました。ありがとうね!

f0022388_1411268.jpgパーティーが夕方5時からスタートしたこともあり、この日はPot Luck(みんなで食べ物を持ち寄る)形式になり、テーブルにのりきらないくらい、ものすごいお料理の品々が並びました!

しかも手料理が主流だったので、嬉しい限り(アメリカのパーティーって、ピザ、ホットドック、バーガーなどのジャンクフードが主流になることが多いんですよ~)。

中でもあっという間になくなってしまったのは、友人Mが作ってくれた「いちごのタルト」。彼も料理が大好きな人で、いつも美味しいものを作ってきてくれるんです♪ *シアトルで知り合った男性は料理上手な人が多いのにびっくり。

空腹を満たした後は、Baby Showerで人気のクイズやゲーム!こちらはすでに友人Kがご自身のブログでレポートしてくれたので、リンクを張ることに。楽しいゲームの様子は、こちらをクリック。 その他の報告は、こちらもクリックもっとクリック♪。楽しいレポートありがとう♪

f0022388_1425419.jpg

アメリカではその場で贈り物を開ける習慣がありますが、ベイビー・シャワーでも同じように、パーティに来てくれた人全員の前で皆が持ってきてくれたプレゼントを開けるのが習慣。私たち二人は、皆の真ん中に座らされプレゼントをワクワクしながら一つ、一つ開けていきました。
f0022388_1430451.jpg

頂いたプレゼントは、ベビーカー、ベビー用スパ&シャワー、フィーディン・シート、車にとりつける鏡、スリング、抱っこ紐、ブランケット、お洋服、靴、靴下、帽子、哺乳瓶、絵本、雑誌、ぬいぐるみ、オモチャなどなど。プレゼントの山に埋もれてしまいそうなくらい、たくさんの頂き物をしました。全てこれから産まれてくる赤ちゃんに必要なものばかり。

f0022388_14502515.jpg

たくさんの人に祝福されて産まれてくる赤ちゃんは、お腹の中にいる時からたくさんの愛情をもらっているんだと思うと、妙に感動してしまいました。まだ顔もみたことのない赤ちゃんの為に、こうやって集まってきてくれて本当に幸せ者ですね。

f0022388_153874.jpg実は、私たちにとってこのパーティーが企画された3月29日はとても特別な日なので、なんだか胸が熱くなりました。というのは3年前の3月29日、東京からシアトルへ引越し、異国で一から新しい生活を始めた日だったのです。

海外に住むのが夢!という人もいますが、私にとって、大切な家族や友人、そしてキャリア、慣れ親しんだ街、全てを置き去りにして異国へ移住することはとても胸が痛むことでした。

車を運転したことのない私にとり、アメリカでの新しい生活に慣れるのに時間もかかり、大都会での生活を謳歌していたのでシアトルは物足りなく、この街の長くて暗い冬を乗り越える頃には完全にホームシック状態でした。当初は、知人はいたものの、友人と心から呼べる良き友もいなく、柄にもなくシクシク泣いた日もありました。東京の家族と友人、そして美味しい食が恋しくて仕方がなくなり、1ヶ月以上東京へ一人で逃亡し、旦那に心配をかけたことも(苦笑)。

早いものであれから3年の月日がたち、このように新しい家族や友人がこの街にできたことを心から嬉しく思います。当日参加できなかった友人たちからも別途お祝いしてもらったり、本当に嬉しい限りです。皆の優しさ、思いやり、全て私の宝物です。


f0022388_15113940.jpgこの場をかりて、私たちのBaby Showerを超多忙なスケジュールの中、企画してくれた友人K&Cへ心からありがとう!

二人とも、責任のある仕事を持ち、ママでもあり、妻でもあるスーパー・ウーマン。どうやって時間をつくったのかと首を傾げたくなるくらい忙しい日常生活に追われているのに、あれこれ工夫を凝らして楽しい会にしてくれて、本当にありがとうね。

私たちの人生の中、忘れられない素敵な一日になりました。こうして、家族や友人に喜びを共有していただいて、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

f0022388_1529111.jpg
最後になりましたが、これが臨月になった私の突き出たお腹です。完全にポンポコ狸状態(笑)。まだこの中に一人の人間が入っていることが信じられません。

生産期に入ったのでいつ産まれてもいい状態だそうです。自分の直感では、なんとなく予定日(4月28日)より少し早くでてくる気がしますがどうでしょうね。お誕生日は赤ちゃんが決めるので、私は待つしかできないんですよね。ワクワク、ドキドキの毎日です。
[PR]

by matsumiseattle | 2008-04-10 13:08 | フレンズ  

<< 出産から1ヶ月、新米ママと赤ちゃん ハッピーEaster! >>