ハッピーEaster!

週末は、義理母の家でイースターブランチを楽しんできました。
f0022388_913750.jpg




今年でアメリカに引越し3度目のイースター。クリスマス同様、毎年義理母の家でイースターを過ごすのが習慣になっている。イースターとは、キリスト教で、イエスの復活を祝う祭りで、キリスト教最古の儀式ですが、私の経験しているイースターは宗教色を感じず、どちらかというとクリスマスのように家族が集まる日のようだ。

イースターの名前の由来は、北方神話の春の女神「Eostre」。寒さ厳しい暗い冬から、草木が芽吹き動物たちが繁殖する春へと移り変わる様が、十字架で処刑された後に復活したとされるイエス・キリストのイメージと重なり、統合されていったとか。

クリスマスと言えばクリスマスツリーですが、イースターと言えば「イースターエッグ」。伝統的に、生命や復活を象徴するものとして、卵が使われてきたのではないかと言われている。卵は、「イースターうさぎ」が運んできたとされ、子だくさんのうさぎは、古代より、繁栄・多産(fertility)のシンボル。

ということで、この日は家のいたるところにかわいいうさぎがいっぱい!
f0022388_953421.jpg

f0022388_961398.jpg

f0022388_962580.jpg

こ~んなところにも!日本のアンティークの茶碗の中なんですよ。
f0022388_96393.jpg


朝から張り切って、義理母がイースターブランチの準備をしてくれました。
f0022388_972418.jpg

出来上がった食事はブッフェスタイルで。ハム、卵、ポテト、パンケーキ、ブリオッシュ、そしてたくさんのフルーツの盛り合わせ。

f0022388_97588.jpg

欲張りの私はこ~んな山盛りに。これでも食べたりなくて、この後パンケーキまで頂いちゃいました。きっとお腹の赤ちゃんがもっと食べたいって言ってたのでしょう(笑)。

f0022388_993111.jpg


f0022388_932293.jpgクリスマスホリデー以来、義理の家族とは会ってなかったので、みな私の大きく突き出たお腹をみるのをとっても楽しみにしてくれていました。もう35週を迎え、いよいよ臨月。

先日の検診で、ドクターから35週目を過ぎたら、もし予定日より早く陣痛が起きても、もういつもで出産の準備に入ると言われ、ドキッとしました。だって、もう35週ですもの。。。

春の訪れと共にエネルギッシュに芽吹く草花をみていると、キリストの復活というより、私にはこれから誕生する赤ちゃんとダブってしまいます(笑)。あ~もうすぐ会えるんですね!


夜は、CさんのBirthday Partyへ参加してきました。ハワイアン・レストランでハワイをテーマにパーティーが開かれました。 たくさんの良き友に囲まれたCさんは笑顔がこぼれんばかり。パーティーはゲストをおもてなしする心で溢れていました。会の終盤にはご自身によるフラダンスも披露され、とっても和やかな雰囲気でまるで彼女の人柄を醸し出すような心温まる素敵なパーティーでした。最後に残った仲間たちとのショットを。皆さん、お疲れ様で~す!
f0022388_10255911.jpg

[PR]

by matsumiseattle | 2008-03-24 09:10 | シアトル  

<< ベイビーシャワーで祝ってもらい... 巣篭もり >>