2008年の世相、「変」

f0022388_16502462.jpgシアトルも残りあと数分で2008年幕を閉じます。家の近所では、あちらこちらで新年を迎える「打ち上げ花火」があがり賑わっています。

日本ではすでに新年を迎えているので、「明けましておめでとうございます」。

2008年は皆さんにとってどんな年でしたか?日本で師走恒例となった年の世相を漢字で一字表すと今年の漢字で2008年は「変(Change)」が選ばれたようですね。まさに我が家にとっても公私ともどもいくつか大きな変化があった年でした。

中でも一番大きかった変化は、間違いなく。。。




子供ができたことによって日常生活が劇的に変わったことでしょう。私たちは、今ままで夫婦&愛犬と一緒に気ままな暮らしを楽しんでいました。しかしエンジェルが我が家に降りてきてくれたおかげで、まさに週7日24時間、オンコールの「母業」という過酷な仕事が始まりました。

慣れるまでしばらくの間、心身ともに疲れ果てていましたが、今では少しばかり余裕ができ、大変ながらも育児を楽しめるようになりました。1月で娘は生後8ヵ月を迎えます。最近、バイバイや拍手ができるようになり、「ママ、ダダ」も言えるようになり、そしてつかまり立ちもできるようになりました。毎日、彼女との生活は何か新しい発見があります。

今私たちが娘にできることは、彼女の心にたくさん愛情を注ぎ、忍耐強く成長を待つことではないかと思います。子は宝といいますが、子供が宝石のようにキラキラ輝きながら成長していって欲しいと願ってやみません。そのためにも、私たちも一緒に一歩一歩成長していかなければと思う今日この頃です。

今の私の人生には守るべきものがたくさんあって、それはとても幸福なことだと思います。以前のようにいろんな意味での「自由」は少なくなりましたが、自分の役割や使命のようなものを認識していると、精神的な迷いや不安が軽くなり、日常生活の中で小さな幸せをたくさん見つけることができ、人生がより充実したものになってきたと思います。今までは「守りの姿勢」はつまらなく、自分としてはあまり好きなことではなかったのに、人間って変わるものですね(笑)。きっと出産&育児を通し「命」の尊さを実感し、自分を形創る「何か」の存在を実感する、そんな貴重な体験に恵まれたことが、今の私にプラスとなったのではと思います。

楽しい時も辛い時も、いつもそばにいてくれた人、一緒に頑張ってくれた仕事仲間やクライアント、ブログをみてくださったみなさん、そして距離が離れていても大切に想ってくれている家族や友人、今年一年間大変お世話になり、ありがとうございます!縁があり出会った素敵な人たちに支えられた私の喜びはさらに大きなものとなり、苦しみは半減し成長の糧となりました。

2008年に引き続き、世界的な景気後退や国際政治の不安定など先行きの不透明さは心配ですが、そんな時こそ前向きな姿勢で物事にとりかかることが大切になるのではと思います。危機は裏返せばチャンスになることも多くありますしね!

2009年、一日でも多く笑顔で毎日を過ごせる日を増やしていけたらと思います。来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
[PR]

by matsumiseattle | 2008-12-31 23:57 | 育児―生後7ヶ月  

<< ご無沙汰です。 記録的な大雪 >>